suwamy-yoga-rayのブログ

インド政府公認ヨーガ療法士。

International Yoga Therapy Day 大宮、仙台(2)

自生する ヤマボウシ
ヨーガセラピーデーの紹介 2
今月のブログも、世界ヨーガセラピーデーで行われるワークショップの案内です。


免疫力UPのためのプラーナヤマ
シュリ・ヴィヤーサ・カリャナスンデラム(スリランカ)先生は、母親から古代伝統ヨーガを学びました。彼はまた、インドのスワミ・ダッタ・ラマギリ大師やカナダのホリスティック・クリヤ・ヨーガ・センターの設立者でもあるアチャリヤ・スワミ・ラム師(S.ラマナサム医師)からも教えを受けています。ヴィヤーサはインド・バンガロールにあるスワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団(sVYASA)を卒業しました。このワークショップで行う特定のプラーナーヤーマを実践すると、脳と肺に直接的な影響を与えます。そして、短期間に必要とされる身体の特定部分の免疫力向上に関与します。



がん患者へのヨーガアプローチ
ララ・ベヌーシス(アメリカ)先生は、病院や医学現場にヨーガを取り入れた先駆けの存在です。ニューヨーク・メモリアル・スローン・ケタリング・がんセンターで初めて、常勤のヨーガ・インストラクターとなりました。センターの「がん患者のためのヨーガ」というオンライン・ヨーガ・トレーニング・プログラムにも登場しています。また、乳がん・卵巣がん・肺がんの医療チームが行うヨーガの研究に、被験者のためのヨーガ・プログラムを作成しています。がん患者コミュニティを支援するために、がん患者をケアする上でのあらゆる段階でヨーガ・プログラムがどのように必要とされているかをお話します。


スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団や、インド、アイアンガーセンターで実際の治療としてのヨーガにかかわっておられる、先駆的なセラピストの方々のワークショップが、数々あります。インド、カイヴァルヤダーマ研究所の卒業生として、ブラジルで活躍の先生もおられます。興味のある方は www.yogatherapyday.com

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。